アオモジ果実油 化粧品成分の効果と副作用

公開日: : 最終更新日:2018/10/25 成分

アオモジ果実油とは

 

アオモジはクスノキ科に属す小型の常緑樹で日本では中国地方から沖縄という比較的暖かい地方に生息しています。庭木として植えられることもあります。

 

地方によって呼び名がショウガノキ、ソロバンノキ、卒業花mメイチャンなどいろいろ。リトセアという名前で呼ばれることもあります。アオモジ果実油はこの木の果実から抽出された天然の植物オイルです。

生薬として果実を利用してきた歴史もあります。根や茎は痛め止めや消化不良にも利用されてます。

 

レモンのようなニオイを発し虫を寄せ付けない木として有名ですし、良い香りがするので香水やデオドラント剤、香料として使われてます。

虫を寄せ付けないくらいなので抗菌作用にも優れています。

 

アオモジ果実油はスハダビクッションファンデーションビコージュンボーテクッションコンパクトにはこの抗菌作用とレモンのような爽やかな香りを利用するために配合されてるでしょう。

 

アオモジ果実油には光毒性がない

アオモジの果実を利用してつくられる精油として「メイチャン」「リツエアクベバ」と表記されてます。レモングラスに似た香りがしますが刺激はレモングラスより少な目。

レモンなどの柑橘系の精油を肌につけて太陽の光に当たると日焼けしやすくなってシミができるなどの光毒性があります。でもアオモジは柑橘系の植物ではないので精油にも光毒性がまったくな胃のが特徴です。光毒性がある柑橘系の精油の代わりに使われます。

 

光毒性がなく刺激もかなり少なめのアオモジのオイルですが、肌が敏感な場合は目立たないところでパッチテストをした方が安心です。

関連記事

no image

ニオイテンジクアオイ花油 化粧品成分の働きと副作用

ニオイテンジクアオイ花油について   ニオイテンジクアオイ花油はスハダビクッション

記事を読む

no image

チョウジ葉油 化粧品成分の効果と副作用

チョウジ葉油とは チョウジ葉油というのは丁字という天然の植物の葉から抽出した油です。丁字の別名は香

記事を読む

no image

フィトスフィンゴシン 化粧品成分の効果と副作用

フィトスフィンゴシンとは 細胞と細胞のスキマを埋めたり細胞同士を結合させるという働きをします。su

記事を読む

no image

オニサルビア油 化粧品成分の効果と副作用

オニサルビア油とは   オニサルビア油はsuhadabiクッションファンデーシ

記事を読む

no image

シクロペンタシロキサン 化粧成分の働きと副作用

シクロペンタシロキサンとは シクロペンタシロキサンは多くのファンデーション、日焼け止めなどの化粧品

記事を読む

no image

トウシキミ果実/種子油 化粧品成分の効果と副作用

トウシキミ果実/種子油とは トウシキミ果実/種子油の原料はトウシキミという木になる果実や種子から抽

記事を読む

no image

セスキイソステアリン酸ソルビタン 化粧品成分の効果と副作用

セスキイソステアリン酸ソルビタンとは セスキイソステアリン酸ソルビタンはオーガニッククッションファ

記事を読む

no image

ベルガモット果実油 化粧品成分の効果と副作用

ベルガモット果実油はsuhabiクッションファンデーションに配合されている成分の一つです。イタリアが

記事を読む

no image

ジステアルジモニウムヘクトライト 化粧品成分の働きと副作用

ジステアルジモニウムヘクトライトの働き ヘクトライトという粘土鉱物にジステアリルジモニウムクロリド

記事を読む

no image

センキュウエキス 化粧品成分の効果と副作用

センキュウエキスとは センキュウエキスはsuhadabiクッションファンデーションに配合されている

記事を読む

銀座ステファニーの魔女のファンデ プラセンティストクッションお試し体験談

  魔女のファンデ プラセンティスト クッション使

素肌美クッションファンデとプラセンティストクッションファンデ比較

素肌美クッションとプラセンティストクッションを比較 素肌美クッシ

美皇潤ボーテクッションとsuhadabiクッションファンデを比べてみました

  美皇潤ボーテクッションとsuhadabiクッションファ

suhadabi クッションファンデーションの色を選ぶときのポイント

  suhadabi クッションファンデーションの

艶肌美人クッションコンパクトのレビューでわかった真相とは

艶肌美人クッションコンパクト   艶肌美人クッシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑