今日から素肌美人

いくつになっても素肌のきれいをキープできるファンデーションやスキンケアなどのお役立ちアイテムの情報や口コミをまとめています。

クッションファンデーション下地

ミムラ スムース スキン カバー 成分を調べてわかった落とし方を知らなきゃ損!購入する前に確認

投稿日:

ミムラ スムース スキン カバーの成分を調べていたら
ジメチコンが入ってました。

しかも成分表記で1番に書いてあるのでたくさん入ってます。

ジメチコンはシリコンの仲間で石けんでは落ちません。

ちゃんと落としておかないと肌荒れやブツブツなどの原因になるので
落とし方を知らないと損ですよ。

こちらでは落とし方を書いています。

ミムラ スムース スキン カバーの落とし方

ミムラSSを使ったらノーファンデでもクレンジングが必須。

クレンジングといってもジメチコンが落とせる成分が入ってないと
落せないので注意してください。

ジメチコンはウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションなどに
配合されてる一般的な成分です。

落せるのは同じジメチコンやエステル系のオイルを配合したクレンジング。

クリームクレンジングやジェルクレンジングには入ってないことが多い。

クッションファンデーションのほとんどにジメチコンが入ってます。

クッションファンデを落とせるクレンジングがおすすめ。

>>>クッションファンデに使えるクレンジングの詳細はこちら

ミムラSSの口コミでわかったメリットとデメリット

ミムラSSカバーを使うことで得られるメリットがはたくさんあります。

・なりたい肌になれる
・崩れ防止
・凸凹のカバー
・悩みのカバー
・テカり防止
・ヨレ防止
・美肌に導く
・きれいなツヤ
・厚塗り防止

このようにメリットだらけですが、デメリットを上げるとすれば
水ファンデーションではうまく仕上がりにくい、ということでしょう。

使った人達はどう感じてるか気になりますね。

こちらでは使った人の口コミをまとめています。

ミムラSSカバーの詳細を今すぐ見てみる
↓ ↓ ↓

MIMURA SSカバー

ミムラ スムーススキンカバーの口コミ

アットコスメでは4,800件以上の投稿数で7点満点中5.6点と高評価

テレビCMでは見かけないのに4,800件以上もクチコミ投稿があるのって
すごいですよね。

インスタなどのSNSで拡散されたからでしょう。

アットコスメだけでなく楽天市場、amazon、yahooショッピングの
レビューでも高い評価をもらっています。

さっそく代表的な感想を紹介しておきますね。

50歳:混合肌
下地だけでなくファンデの上からも使えて便利。何かつけてる感覚がほとんどないくらいの軽い付け心地なのでリピします。
51歳:敏感肌
米粒一粒で顔全体に伸びるので長持ちします。これを塗ってからファンデで仕上げると気になるところが目立たなくなるし崩れにくくなります。
49歳:敏感肌
今までの下地では満足できなかったけどこちらは自分にあってるようです。
44歳:アトピー肌
テカらないので長く愛用しています。驚くくらいの少ない使用量なのでコスパも良いです。
38歳:乾燥肌
ボコボコをフラットにしてくれサラサラでファンデがきれいに仕上がり悩みのカバーもできるのがお気に入り。
31歳:脂性肌
いろんな悩みをカバーしてくれます。指に取るとスフレみたいなのに肌に塗るとサラサラに。美容成分も入ってるのもうれしい。
28歳:脂性肌
不思議なテクスチャーだけど使い心地がいいです。少量でいいので長持ちするしサラサラが続きます。美容成分も入ってるのでスキンケアにもなります。
29歳:混合肌
こんなにすべすべになるのは初めて。私の場合は長時間つけてても負担を感じません。オフした後もツルツル。
22歳:脂性肌
まるでホイップクリームみたい。お米ひと粒くらいの量で顔全体ののびます。
20歳:脂性肌
これを使うのと使わないのでは全然仕上がりが違います。肌に負担になる成分は入ってないからうれしい。

以上はアットコスメに投稿されていた年代別の評判です。

10代から50代以上の幅広い年代の女性たちが絶賛していましたね。

もちろん中には評価が低いものもありましたが、4,800件以上の
投稿数の中でも低い評価はかなり少なかったですね。

年齢があがるほど増えてくる悩みで隠したいところがいっぱい。

ミムラSSカバーで目立ちにくくなるってうれしい。

ミムラSSカバーをお得に使うなら楽天やアマゾンよりも公式サイト。

公式サイトでは割り引き価格で購入できます。

ミムラSSの公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓

MIMURA SSカバー

ミムラ ssの販売店 最安値はココ

ミムラ スムーススキンカバーの取扱店でお得な店舗を探しました。

ロフト、マツキヨ、ドンキなど市販はあるか確認。

ロフトでは扱ってますが定価のみ。

ドンキやマツキヨでは扱っていません。
扱ってたとしてもロフトと同じように定価でしょう。

今のところ最安値で購入できるのは公式サイトだけ。

ミムラSSカバーに配合されてる成分をチェック!

汗をかく夏でもサラサラが続くというのです。

これは特別なものが入ってるのでしょうか?

さっそく配合成分や特徴について確認してみました。

調べてみて分かったことは美容成分がたくさん入ってること。

だからただカバーするだけの下地ではないです。

お休みの日や外出しない日はこれだけ塗っておくとスキンケアも同時進行。

ファンデを塗らなくても肌がきれいに見えるのはうれしいことですね。

さっそく代表的な美容成分を紹介しましょう。

ビタミンC配合

ミムラにはテトラヘキシルデカン酸アスコルビルというビタミンC誘導体が

配合されています。

カバーするだけでなく紫外線や皮脂の悩みにも対応。

ビタミンCはたくさんの働きを持っていますよね。

ビタミンEも入ってるのでダブルパワーがもらえます。

ビタミンE配合

ミムラSSカバーにはビタミンEも入ってます。成分表記はトコフェノール。

ビタミンEには抗酸化の他、バリア機能アップや血行を促進する働きもあるので助かります。

ビタミンCとの相乗効果でさらに美肌に導いてくれるでしょう。

塗るボトックス シンエイク配合

シワの原因を抑制して改善に導く塗るボトックスを配合。

それがシンエイクです。

シンエイクの正式な成分名は「ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド】。

引締めのサポートにもなります。

塗るボトックスは他にもアルジルリンがありますが、シンエイクの働きは

アルジルリンの6倍と言われてるので継続使用での結果が楽しみ。

コラーゲンの生成をアップさせるペプチド配合

ミムラスムーススキンカバーにはコラーゲンをサポートする

特別なペプチドが入ってます。

それがマトリキシル。

正式な成分表記はパルミトイルペンタペプチド-4です。

パルミトイルペンタペプチド-4はコラーゲンの減少に対応し

コラーゲンをふやすサポートをします。

下地を塗りながら年齢肌のケアができるというのですから一石二鳥。

このように肌の欠点をカバーしながら美容成分が美肌に導いてくれます。

SPF20・PA++というUVカットの働きも入ってるので紫外線も怖くない。

ミムラSSカバーの公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓

MIMURA SSカバー

ミムラスムーススキンカバーの賢い使い方

基本的な使い方はとても簡単です。
さらにファンデの種類別により時短になる特別な方法も紹介します。

クッションファンデーションの場合

洗顔をしていつもの化粧水をつけたらミムラSSカバーを顔全体か
気になる部分に少量つけて乾いたらクッションファンデで仕上げます。

パウダーやリキッドファンデーションの場合

洗顔をして化粧水、美容液、クリームなどのスキンケアをした後に
少量塗って乾いたらファンデーションで仕上げます。

特別な方法で仕上がりがアップ
ミムラSSカバーとリキッドファンデーションを適量混ぜてから塗ると、下地作用のある多機能リキッドファンデに変身。ミムラをほんのちょっとプラスするだけでリキッド特有のべたつきがサラサラ感に変身。汗や皮脂が気になる夏にはミムラSSの量増やすとサラサラに。SSカバーの量を調節することで理想的な肌に

ミムラスムーススキンカバーの特徴まとめ

サッと塗るだけで簡単に悩みが気にならなくなると評判の下地。

サラサラになるのに潤いも続くという不思議な新感覚が

口コミで広がっています。

悩みをカバーするのでメイクの仕上がりもつかわないよりアップ。

ハリなどを与える美容成分を配合。

化粧崩れ防止の成分も入ってるので長時間が経っても

キレイが続きます。

皮膚に負担になるパラベン、エタノール、鉱物油、合成着色料、

合成香料などは使っていませんので敏感肌やアトピー肌でも

使えますね。

MIMURA SSカバーはこんな悩みにピッタリ

・汗をかきやすい
・テカリが気になる
・シワが気になる
・ひらき毛穴が気になる
・凹凸やニキビ跡が気になる
・メイクの崩れが気になる
・エイジングケアもしたい

凹凸もカバーするのでファンデの仕上がりもアップ。

ファンデーションを塗りたくないお休みの日にもこれだけで

きれいなすっぴんに。

美容成分も入ってるので年齢肌ケアもできてうれしい下地です。

ミムラSSカバーの全成分
ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ポリシリコーン-1クロスポリマー、イソノナン酸イソノニル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、シリカ、PEG-10ジメチコン、パルミトイルペンタペプチド-4、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、BG、グリセリン、水、カルボマー、ポリソルベート20、トコフェロール、トリエトキシカプリリルシラン

>>>キオロカラーチェンジファンデーションについての記事はこちら

-クッションファンデーション下地

執筆者: