クレンジングについて知っておくこと

公開日: : 最終更新日:2018/07/28 クレンジング ,

クレンジングはスキンケアの基本

クレンジングについて知っておくことがあります。

 

スキンケアの一番の基本がクレンジングだからです。いくら高級で質の良い化粧品やファンデーションを使っても肌に汚れやメイクが残ったままだと美肌を維持できないからです。

 

毎日のメイクや汚れをしっかりと落とすことこそが重要。とくに毛穴の奥に詰まった汚れをしっかり落とすことが一番のポイント。押しがしくて疲れている時はメイクを落とすのが面倒になるかもしれません。

 

でもメイクをしたまま寝てしまうと肌に負担ですし毛穴詰まりなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

 

クレンジングは正しく使う

 

メイクが落ちれば何でもいい、というのは間違いです。クレンジング剤には洗い流すタイプや拭きとるタイプなどいろいろありますが、肌の状態に合わせて選ぶだけでなく正しい使い方をしなければ逆効果になってしまうでしょう。

 

特にコットンなどで拭き取るタイプのものはゴシゴシとこすってしまいがち。

 

肌を摩擦すると刺激になりメラニンが放出されシミやくすみのもとになりますし、乾燥する可能性があります。ふき取るタイプはあまり頻繁に使わないほうがいいかもしれませんね。疲れていてメイクを落とす気力がないときに使うくらいにしておくことです。

 

洗い流すタイプのクレンジングも時間をかけて落とすことがポイントです。こちらも早く落とそうとゴシゴシやってしまいがちですが、ゆっくりと汚れやメイクを浮かび上がらせて優しくマッサージすることです。

 

クレンジングのあとの洗顔も肌にとっては大事な作業です。

 

洗顔も強くこすって汚れを無理に落とすのはやめましょう。しっかりと泡をたて泡で洗うのが正しい方法です。泡が細かいほど毛穴の奥に入ってくれます。でも汚れを落とそうと一日に何度もやるのはマイナスです。

 

肌に必要な皮脂を取り過ぎてしまうと乾燥肌になりニキビや肌あれを引き起こすからです。

 

オイルクレンジングの注意点

 

オイル系のクレンジングはメイクがよく落ちるのでスッキリしますので毛穴もすっきりするかもしれません。そのためガッツリメイクをしてるとクレンジングオイルに頼ってしまいたくなりますね。

 

ファンデーションに含まれている油分に混ざった汚れや毛穴から出た余分な皮脂をオイルクレンジングがまとめて落としてくれます。でもメイクだけでなく肌にとって必要な皮脂までしっかりと落としてしまう可能性が・・・・

 

簡単にメイクを落とせるというメリットがある反面、乾燥肌になりやすいというデメリットがあります。

 

なぜかというとクレンジングオイルには、界面活性剤が多く含まれているからです。オイル分でメイクや皮脂、汚れを浮かせる過程で界面活性剤が水と混ざり落としやすくなります。だから洗い流した後のさっぱり感は他のクレンジングでは得られないでしょう。

 

でも大事な皮脂まで奪ってしまう合ことがないように注意しなければいけません。オイル系のクレンジングを使う際は長時間、肌の上でマッサージしないようにしましょう。ある程度メイクが浮き上がってきたら洗い流し、肌が乾かないうちにすぐに保湿をします。

 

もともと乾燥肌タイプなら界面活性剤が入ってないオイルクレンジングを選んだほうがいいかも。できれば乾燥肌や敏感肌の場合はオイル系のクレンジングは使わないほうがいいでしょう。

 

クレンジングに配合されてる界面活性剤とは

クレンジングに配合されていることが多い界面活性剤は悪いもの、というイメージですが頑固な汚れをキチンと落とすには必要な時があります。界面活性剤の働きは水と油がよく混ざるようにすることです。

特にファンデーションなどには油分が含まれてるので普通のせっけん洗顔ではちゃんと落とせないものです。さらに一日メイクをした肌にはファンデーションだけでなく皮脂も分泌され汚れと混ざり合ってます。

このような油性の汚れを落とすには界面活性剤の力が必要になるのですが、肌の皮脂を奪ってしまい乾燥やトラブルを引き起こす原因にもなるでしょう。

 

界面活性剤と一口に言っても種類があって肌に負担になるものから良質なものまで様々です。肌にとって負担にならない良質な海綿活性剤を配合してるクレンジングを選びましょう。

 

できれば石油系の合成されたものは避け、自然由来のものを選ぶことが大事です。

 

最近は研究が進んで界面活性剤なしでも汚れやメイクが落ちるクレンジングがたくさん登場してますので、敏感肌や乾燥肌なら購入前にそのようなものを選ぶことが必要です。

 

石油系の界面活性剤を使ってないオイルクレンジング

 

石油由来の合成界面活性剤を使ってないのがファンケルのマイルドクレインジングオイルです。防腐剤・香料・合成色素・紫外線吸収剤なども一切使っていない無添加クレンジングです。

 

一般的なマツエクをしてても使えるのがうれしいポイントですね。

 

メイクや余分な皮脂、汚れなど肌に不要なものは落とすけど必要な潤いは残してくれるので乾燥肌でもつけるオイルクレンジングと評判です。さらに何をやっても落ちなかった頑固な角栓や乾燥肌の人に多い、目に見えない「隠れ角栓」、さらにたるみ毛穴の奥に残ってしまいやすい「居残り角栓」もするっとオフしてくれます。

 

まだ使ったことがないなら1カ月たっぷり使えるサイズが500円でお試しできるキャンペーン中です。

 

⇒ファンケル マイルドクレンジングオイルの詳細はこちら

 

他にも話題のクレンジングバームや敏感肌でも使えるクレンジングなどこすらずにするっと落とせるものを集めて紹介しています。

⇒こすらず落ちるクレンジングはこちら

関連記事

クッションファンデはクレンジングが大変?するんと落ちるのはこちら

  クッションファンデのクレンジング   クッションファンデは

記事を読む

no image

ファンケル クレンジングオイルで角栓が落ちるしマツエクもOK!ってほんと?

今だけ1か月分のお試しが500円! ↓ ↓ ↓ ファンケル 無添加 マイルドクレンジングオ

記事を読む

no image

ママコスメクレンジングバームの悪評は嘘?@コスメの口コミでチェック!

ママコスメクレンジングバームに悪評があるというのは本当? ママコスメクレンジングバームを使った

記事を読む

no image

花印ディープクレンジングローション 口コミでわかった激落ちするって本当?

  こすらず簡単にスルンとメイクオフできる花印ディープクレンジングロ

記事を読む

no image

クッションファンデ 炭酸クレンジングでダブル洗顔不要

肌ナチュール炭酸クレンジング 初回半額キャンペーン中! クッションファンデを炭酸パワーでク

記事を読む

銀座ステファニーの魔女のファンデ プラセンティストクッションお試し体験談

  魔女のファンデ プラセンティスト クッション使

素肌美クッションファンデとプラセンティストクッションファンデ比較

素肌美クッションとプラセンティストクッションを比較 素肌美クッシ

美皇潤ボーテクッションとsuhadabiクッションファンデを比べてみました

  美皇潤ボーテクッションとsuhadabiクッションファ

suhadabi クッションファンデーションの色を選ぶときのポイント

suhadabi クッションファンデーションの色選び suhad

艶肌美人クッションコンパクトのレビューでわかった真相とは

艶肌美人クッションコンパクト   艶肌美人クッシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑