炭酸ジカプリリル 化粧品成分の働きと副作用

公開日: : 最終更新日:2018/07/28 成分 , ,

 

炭酸ジカプリリルとは

 

炭酸ジカプリリルはアクアアクア クッションコンパクトに配合されている成分です。いったいどんな働きを求めて入れてあるのか副作用はないのか調べてみることにしました。

 

炭酸ジカプリリルはエステル油という合成の油です。アクアアクアはオーガニックなのに合成のものがはいってる?とびっくりしましたが、それにはそれなりの理由があるんですね。それは天然の油脂よりエステル油のほうが酸化しにくく安定性が高いからです。成分が酸化するのはお肌に良くないでしょうし不安定なものは安心できません。

DUOクレンジングバームなどのクレンジングにも炭酸ジカプリリルがよく配合されてほど割となじみのある成分の一つです。

 

炭酸ジカプリリルはエステル油です。酸とアルコールを反応させて出た水を分離し作られる化合物です。使われるアルコールは低級アルコール、高級アルコール、多価アルコールなど何種類かあるように利用される酸も脂肪酸、多塩基酸などがあります。化粧品に配合される場合のエステル油は特に高級で安全なものを利用すると言われています。

油っぽさが少ない性質があり、いろいろな成分を混ぜ合わせるための溶解剤として利用度が高いのが特徴です。

炭酸ジカプリリルはたくさんあるエステル油の中でもなめらかで伸びがよいと言われます。

 

炭酸ジカブリリルの副作用

気になる副作用ですが、いろいろと調べてみて副作用が起きた、という報告は今のところありません。それでも肌質によっては個人差があるものです。体調によっても変わっていくものですから100%安心というものはないのが真実です。炭酸ジカプリリルを配合している化粧品を初めて使う場合は目立たないところでパッチテストをしてからが安心です。

 

 

 

関連記事

no image

アシアチコシド 化粧品成分の効果と副作用

アシアチコシドの効果はどんなこと? アシアチコシドはshadabiクッションファンデーションに配合

記事を読む

no image

アオモジ果実油 化粧品成分の効果と副作用

アオモジ果実油とは   アオモジはクスノキ科に属す小型の常緑樹のメイチャンという木

記事を読む

no image

ニオイテンジクアオイ花油 化粧品成分の働きと副作用

ニオイテンジクアオイ花油について   ニオイテンジクアオイ花油はスハダビクッション

記事を読む

no image

ベルガモット果実油 化粧品成分の効果と副作用

ベルガモット果実油はsuhabiクッションファンデーションに配合されている成分の一つです。イタリアが

記事を読む

no image

センキュウエキス 化粧品成分の効果と副作用

センキュウエキスとは センキュウエキスはsuhadabiクッションファンデーションに配合されている

記事を読む

no image

シクロペンタシロキサン 化粧成分の働きと副作用

シクロペンタシロキサンとは シクロペンタシロキサンは多くのファンデーション、日焼け止めなどの化粧品

記事を読む

no image

メチルトリメチコン 化粧品成分の効果と副作用

メチルトリメチコンとは   メチルトリメチコンはsuhadabiクッションファンデ

記事を読む

no image

トリエチルヘキサノイン 化粧品成分の働きと副作用

トリエチルヘキサノインとは トリエチルヘキサノインはアクア・アクアクッションファンデーションに入っ

記事を読む

no image

オニサルビア油 化粧品成分の効果と副作用

オニサルビア油とは   オニサルビア油はsuhadabiクッションファンデーシ

記事を読む

no image

トウシキミ果実/種子油 化粧品成分の効果と副作用

トウシキミ果実/種子油とは トウシキミ果実/種子油の原料はトウシキミという木になる果実や種子から抽

記事を読む

銀座ステファニーの魔女のファンデ プラセンティストクッションお試し体験談

  魔女のファンデ プラセンティスト クッション使

素肌美クッションファンデとプラセンティストクッションファンデ比較

素肌美クッションとプラセンティストクッションを比較 素肌美クッシ

美皇潤ボーテクッションとsuhadabiクッションファンデを比べてみました

  美皇潤ボーテクッションとsuhadabiクッションファ

suhadabi クッションファンデーションの色を選ぶときのポイント

suhadabi クッションファンデーションの色選び suhad

艶肌美人クッションコンパクトのレビューでわかった真相とは

艶肌美人クッションコンパクト   艶肌美人クッシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑